目標を細分化をして小さくはじめてみる。

あなたがダイエットをするために運動をしよう!と決めたとします。

最初に組んだメニューが3キロ走るとかで始めてしまうと後がすごく大変。
何もしてない人がいきなり目標だけ高くはじめるので続きません。
気持ちもだんだんと滅入ってきて、続けるのが大変になり結局やめてしまうわけになります。

ただやめただけならいいですが、自分で決めたことを守れなかったことで「なんて情けない…」
と自分を責めてしまうことになると心理的に落ち込むのでよくありません。
自分で自分を責めてもいいことありません。

ダイエットをするために運動をする。
この目的は何も悪くないです。
ただいきなり3キロ走るという行動がまずいです。

中にはどれだけ大変でも続けれる人もいますが、
殆どの方がいきなり気持ちだけ先走って行動が大きすぎることが多いです。
まずその行動を細分化する=分けて小さく継続することをおすすめします。

例えば…

「3キロ走る」を分けて小さくすると…

  • 走るコースを決める
  • 身なりをそろえる
  • 1キロからはじめる
  • etc

などなど細かく分けることができます。
いきなり3キロ走れなければ1キロから。
1キロも大変なら500メートルから。
500メートルが大変なら100メートル歩く。

極端に言うと、走らなくても歩かなくてもいいからトレーニングウェアだけ着てみる。
家から外に出てみる。玄関に靴だけ出す。

こんな意味のないような小さなことでもいいです。
どれだけ小さくてもいいので大切なのは行動です。
まずは行動を起こしましょう。
小さな行動こそが継続の第一歩です。

そしてそれを継続して少しずつやることを増やせばいいです。
外に出る→玄関に靴だけ出す→トレーニングウェアを着る→5分だけ散歩。
こんな感じでも継続して続けていくと小さくてもだんだんと習慣化していくので、
あとはだんだんと行動を多く・大きくしていけばいつの間にか「5キロ走ることが日常」になります。

こんな風に目標・目的に対しての行動を細分化して小さくはじめる。
そして継続することをおすすめします。

いきなり大きな行動をして結局やめてしまうのなら、小さくはじめて長く継続できたほうがいいですよね。
長く継続して「いつもの日常」のようになってしまえばそれが習慣になり継続が当たり前になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする