信号無視のリスク。

時々見かける信号無視。

車での信号無視は言語道断ですが、歩行者や自転車の信号無視を見かけない日はないです。
あれを冷静に考えてみると…

信号無視=時短

でしょうか。

信号を待ってる時間がもったいない。
待つのがめんどくさい。

これだと思います。

でも万が一、信号無視で渡って事故にあったら取り返しのつかないことになりますよね。
ぶつからずにヒヤッとするだけで済むかもしれないし、小さな怪我だけで済むかもしれない、
でも死んでしまう可能性すらあります。

そこまでのリスクをおかしてまで時短する信号無視。

これってリスクありすぎませんか?

信号のサイクルは1分から2分30秒。
たったこれだけの時間のためのリスクとしては大きすぎます。

それなら起きる時間を5分でも早くする、普段の作業を見直すほうが、リクスもなくてよっぽど安全で意味のある時短だとふと感じました。

コツコツのコツ、継続の話とは関係ない記事でしたが、今回は思ったことを書いてみました。
私、しがない管理人もついついやりがちな信号無視。気をつけます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする