「一夜漬け」は「継続」に勝てない。

学生時代に試験勉強で一夜漬けをやったことある方は多いでしょう。
かくいう管理人の私もそうでした。
テスト前日まで余裕こいて、いざ前日になったら焦って勉強…。

今振り返ってみると一夜漬けで得た知識はなんにも残ってないです。
一夜漬けはあくまでテストの点数をよくするための努力をした感じがするだけのことだと思ってます。

ほんとうにテストの点数をよくするためなら毎日少しずつ勉強するほうが今後のためにもなります。

一夜漬けでは一生勝てない。

コツコツ努力を積み重ねることに一夜漬けが勝てることはまずないです。
もしテストで一夜漬けの人のほうが良い点数をとったとすれば、それはもともとその人のほうが勉強ができただけのことです。努力の積み重ねが負けたわけじゃないです。

どう考えてもコツコツしんどい思いをして努力を積み重ねて、時にはやめたくなったり逃げたくなったりしながらも、少しずつ少しずつ成長が感じられてさらに改善を重ねて何層にも積み重なった自分なりのノウハウや体験、経験はたった1日ではどうやっても得ることはできません。

結果の差よりもその過程にある経験値の差こそが一夜漬けが継続に一生勝てない理由です。

たった1日の努力ととコツコツ努力を積み重ねるてできた努力の層のどちらが人間的魅力があふれて人生の役に立つかは一目瞭然ですよね。

そして何より一夜漬けは寝不足になるので身体に悪いです…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする