時間割をつくってみよう。

学生時代に誰もが見たことある時間割。
大人になると時間割が存在しなくなる。

時間割の効果

  • やることが一目瞭然

これに尽きます。

これが終わったら次はこれ…明日はこれ…。と言った風に次もわかるし、先のこともわかる。
そしてそれを続けると習慣になってくる。

大人用語になると時間割というより「スケジュール」になるんでしょうが、
ここはあえて時間割と言ったほうが学生気分にもなれるし、気持ちも若くなるのでスケジュールというより時間割って言うほうがおすすめ。

学生時代の時間割と決定的に違うところはやらないといけないことにプラスして自分が続けたいことやりたいことを盛り込むこと。

自分のやらないといけないこと、やりたいことをしっかり書き込んで、
自分だけの時間割を作ったほうが、同じことをやるにしても楽しくなります。
これも簡単に始めれるのでおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする